Mrhappyの旅する人応援ブログ

大学生だって贅沢したい、そんな思いからお得に旅行する方法を色々と調べた経験をもとに皆さんに役立つ旅行情報などを発信しています。

覚王山の名店「シェ・シバタ」に行ってきた

どうもこんにちは、Mrhappyです。今回は柄にもなくケーキ屋さんの内容です(笑)名古屋市の東山線駅覚王山にある名店、「シェ・シバタ」へ行ってきましたのでその時の様子をご紹介します。

シェ・シバタとは

f:id:Mrhappy:20190623201046j:plain

画像:chez Shibata

 今回訪れた名古屋市覚王山の店舗をはじめ、栄、岐阜県多治見、上海や香港などに店舗を展開するパティスリーです。創業者のパティシエは柴田武、世界的に活躍しています。

とはいうもののそこまでパティスリー業界に詳し言い訳ではないので気になる方はこちらの公式ブログをご覧ください。

アクセス

 さて、今回ご紹介する覚王山のお店は名古屋市営地下鉄東山線覚王山駅から北へ徒歩約5分で到着します。

実際に行ってきた

f:id:Mrhappy:20190623180233j:plain

 こちらが店舗の外観です。人気店ですので時間帯によっては外まで並ぶこともあります。夏は暑いので熱中症には気を付けてください。

f:id:Mrhappy:20190623180028j:plain

ショーケースにはたくさんのケーキが並んでいます。どれをとってもとても美味しそうです。値段は¥500~¥800くらいが多かったです。写真の上のほうに移っている通りクロワッサンも販売しています。パティスリーのクロワッサンってすごく美味しそうですね!

f:id:Mrhappy:20190623180059j:plain

持ち帰りのできる焼き菓子も販売しています。また、この写真の後ろ側に写っていますが、店内で食べることのできるカフェも併設されています。今回はこちらのカフェにも行ってきましたのでご紹介します。

カフェ

カフェではドリンクやショーケースに並んでいるケーキを注文することができます。ただ、オレンジジュースで¥540は正直びっくりしました(笑)

f:id:Mrhappy:20190623175710j:plain

夏限定でかき氷もやっていました。暑い夏にはとてもうれしいですね!かき氷にしては高めの値段設定ではありますが、結構ボリュームがあるのでそんなにたくさんはいらないという人は二人で一つの注文でもいいと思います。

f:id:Mrhappy:20190623175733j:plain

ミルクティーかき氷を注文しました。かき氷にミルクティーのシロップ、ジェルがトッピングされています。上品な味わいであっさりして美味しかったです。

f:id:Mrhappy:20190623175809j:plain

 こちらはいちじくのタルト(カタカナのかっこいい名前があったけど忘れた...)カスタードクリームといちじくの味がマッチし、タルト生地もしっとりしていておいしかったです。

たまに強制的にワンドリンクを注文させるカフェがありますが、シェ・シバタではそういうことはありませんでしたので安心してください。

f:id:Mrhappy:20190623211225j:plain

 2019年6月と7月の休業日の案内がありました。毎週火曜日が定休日らしいですね。念のため休業していないか確認してから行くのがいいしょう。

覚王山まで行けないという方へ

f:id:Mrhappy:20190623180226j:plain

 名古屋駅のJR高島屋地下一階でもシェ・シバタのケーキを購入することができます。通勤通学の途中で寄ることもできますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。覚王山はおしゃれなカフェやケーキ屋さんが多く立ち並ぶ激戦区です。なので今回ご紹介したシェ・シバタのみならず様々なお店をめぐってみるのもおすすめですよ。機会があればぜひ立ち寄ってみてくださいね!では!